一般社団法人障がい者自立推進機構 パラリンアート運営事務局

導入事例紹介

いちご株式会社様 いちご株式会社様

私たちいちごは2000年に設立され、東証一部(2337)に上場しております。

商号の「いちご」は、千利休が説いた茶人の心構えである「一期一会」に由来しています。

いちごは、心を込めて既存不動産に新しい価値を創造する「心築(しんちく)」、J-REIT(いちごオフィス 8975、いちごホテル 3463)や インフラ(いちごグリーン 9282)の運用をはじめとした「アセットマネジメント」、メガソーラー等の「クリーンエネルギー」事業を展開しています。

『日本を世界一豊かに。その未来へ心を尽くす一期一会の「いちご」』を経営理念とし、 社会的意義のある事業を通じ、わが国の皆様に貢献できるよう、さらなる企業価値の向上に努めております。

いちご株式会社

賛同理由

いちごは、ロンドン・リオ五輪2大会連続でメダルを獲得したウエイトリフティングの三宅宏実選手をはじめ、ライフル射撃や陸上選手を社員として雇用しており、CSR活動の一環として積極的にスポーツ支援を行っています。

パラリンアートは、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック競技大会推進本部事務局による「beyond2020プログラム」の認証事業でもあり、オリンピック候補選手が在籍する弊社のスポーツ支援とも親和性が高いと感じました。

また、障がいをお持ちの方々の自立支援と、社会とのつながりを持つことにより生まれる生きがいづくりを目的とした本取り組みは、いちごが掲げる「企業の存在意義は社会貢献である」という信条にも合致するものだと考えております。

パラリンアートに期待すること

2020年の東京オリンピック・パラリンピック関連のイベントやbeyond2020プログラム等を通じ、障がい者アーティストの皆様の活躍の場が広がり、社会とのつながりをより強く感じていただけることを期待します。

また、素晴らしい作品を世に広めることで、障がい者アーティストの皆様の自立を支援できるパラリンアートの取り組みを、より多くの企業に知っていただき、支援の輪がさらに広がることを願っています。

オフィシャルパートナー特集一覧